2018年08月01日

キャッシングをするときに会社の『信頼度』を

キャッシングをするときに会社の『信頼度』を気にして、その尺度に大手であることを挙げる人は多いです。


モビットやノーローンなどの銀行系はATMの横に広告があったりで、結構見かけるはずです。


また、非銀行系ではプロミスやアコムなどといった古くからある会社が認知度も高いでしょう。


こういった老舗・大手を利用するメリットは、薄利多売的に、利率が低く設定されていることでしょう。


CMで呼びかけているように計画的な利用が大前提になりますが、大手の低利率の融資を受けられれば支払い(返済)が楽になるのは言うまでもありません。


また、延滞して結果的に高くつくことを考えたら、最初から利率の低いところを選んだほうがいいでしょう。


多くの切手買取業者では通称プレミア切手という切手の買取の受け入れも行っています。


プレミア切手というのは、切手の中でも、明治・大正・昭和戦前戦後の頃のものをそう呼び、「見返り美人」とか「月に雁」というものがよく知られています。


なかなかないものなので、シートとしてでなくバラであっても買取価格が高くなる見込みがあります。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法律や都道府県の条例の定めに従い、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、20歳未満は古物売買の利用はできないところがほとんどです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要な場合がほとんどでしょう。


土地家屋など固定資産の所有者に課税される税を固定資産税および都市計画税と言います。


不動産を所有している人すべてが毎年支払う義務があります。


この所有者(納税義務者)は1月1日に所有している人と定義されているので、例えばその日よりも前に売買契約をしたとしても所有権移転登記を済ませていなければ、元の所有者(売り主)が納税しなくてはなりません。


納税義務者が新しい所有者になるのは旧所有者から新所有者に所有権を移転登記した次年からになります。


時期によってはちょっと不公平かもしれませんね。


車の売却を考えたときに、買取り業者に売るのとディーラーの下取りで引き取ってもらうのとでは、何を一番に考えるかで変わってきます。


何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。


中古車の売却と新規で購入することが同時にできてしまうので、とにかく楽に売却と購入ができます。


時間や手間を惜しむのではなくて、少しでも高価に中古車を買い取ってもらいたいのならば買取業者に査定を依頼する事をお勧めします。


一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、査定額を上げることも可能になります。