2018年01月10日

住宅ローンなどの債務で抵当権がついている土

住宅ローンなどの債務で抵当権がついている土地家屋等は売買可能かという質問はよくありますが、担保に入った状態でも自由に売買できますし、売買に伴う所有者移転登記も可能です。


とはいえ、物件を担保にしてお金を借りた方がもし債務を完済しない、あるいはできないとなると、抵当権が設定されている部分はそっくり競売に出され、第三者の所有する物となり、住人は退去しなければいけません。


抵当権が設定されている家はこのように訳あり(難あり)な存在なので、実質上「売れない物件」となってしまうでしょう。


もし自己破産するのであれば、資産目録として一切の銀行預金、郵便貯金等は申告する必要があります。


それから基本的に20万円を超える資産は保険の返戻金なども含め、すべてを債務の返済に充当するのですが、基本的に資産一切を手放すというのが自己破産の特徴です。


とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは考えてはいけませんし、実行するのは言語道断です。


仮にどこかで発覚したとして、最悪の場合は自己破産しているのに免責は許可されなくなる可能性もあります。


キャッシングでお金を借りるときは、借入先が1カ所のほうが残高をイメージしやすいので、返済しやすいです。


それに節度があるみたいな印象もあるようです。


しかし、1社だけに絞っていれば本当にトクだというわけではありません。


2社目で借りることによってメリットがあるのは事実です。


実際に、それは2社目の金利がいままで借りている金融機関より安い場合です。


また、審査が厳しくても高額融資可能だったり明らかに2社目を利用するほうがトクになることがハッキリしていますから、もう一社に申し込んだほうが良いでしょう。


インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。


上手く家計をやりくりして、まだ返済日までに余裕があっても返済金が集まったのなら、支払日以外に余分に返済しても問題ありません。


これは「繰り上げ返済」と呼ばれる返済方法で、利子を日割りで計算するので、借入期間を短くすればするほど、元本を早く減らせるので、その後の返済の負担を減らすことができるでしょう。


金銭的余裕がある月は返済日以外に繰り上げ返済しておくと、完済までの総額が安くできます。



Posted by MR-2 at 09:18